artist
artist

artist

The Space Baa (スペースバー)

The Space Baa
myspace
ジャンルを問わず、全方位に活動する雑食かつ無重力トランぺッターの辰巳光英が、アニメーションミュージックを多く手がけコアなファンを持つ吉森信(pf)と2000年に組んだ「ザ・サンフランシスコ」などの自由で浮遊感溢れる音楽性を核に、2005年よりSpaced Out!! Project (辰巳光英ソロ+ゲスト)という形で2年間活動。2007年、コンセプトを推し進めサウンドを強固なものにする為、ベースの不破大輔(渋さ知らズ、フェダイン)、ドラムスのJimanica(d.v.d、nhhmbase)の強力かつフレキシブルなリズム隊でSpaced Out!!としてレギュラーバンド化する。コンスタントにライブを重ね、骨太なバンドサウンドでありながらどこにでも飛んで行けるフリーな音楽性を追求。
2009年2月、荻窪Rooster North Sideにて、レギュラートリオにドラムスの大西英雄(tegwon、仙波清彦&カルガモーズ)、パーカッションの関根真理(渋さ知らズ)をゲストで加えたスペシャルライブをCD化。CD化に際し、バンド名をThe Space Baaとする。

【members】
辰巳光英 Mitsuhide Tatsumi (electric-trumpet, iPhone, etc)
ラッパ一本持ってどこへでも飛んで行く無重力トランペッター。
17才で電化トランペットのフリーインストバンド・すっぽんプロジェクトを開始。1990年、Earth,Wind&Frightersで上京、eijaレコードよりライブCD1枚(Great-Nanyade)とシングル1枚発表。早すぎた伝説のファンクグループGold Waxに参加。ポリスターよりCD1枚(Gold Wax)発表。脱退後、アーティストのレコーディングやライブサポートを中心に数年過ごすが、自身のルーツミュージック(フリーインプロヴァイズドミュージック)にたちかえり、エレクトロフリーデュオ 「ザ・サンフランシスコ」 を結成。
2004年、CD1枚(ザ・サンフランシスコ)発表。同年「渋さ知らズ」に参加。「渋星」「渋響」他CD数枚に参加。2005年、5ヶ月に及ぶ渋さヨーロッパツアー。2006年、電化フリージャズファンク「New Orleans ELECTRO」結成。
「カトリーナ被害による救済イベント」に参加。2007年、脳内宇宙遊泳ソロプロジェクト「Spaced Out Project」を始める。同年、3ヶ月に及ぶ渋さヨーロッパツアー。2008年、ソロにサウンドの限界を感じ、渋さ知らズの不破大輔、D.V.DのJimanicaと共に「Spaced Out!!」としてバンド化。2009年、「中州通信」1月号にインタビュー掲載、音階からの離脱が我々には必要なのだ、などと音楽についての思いをえらそーに語る。等、益々自由で無重力になって現在に至る。

不破大輔 Daisuke Fuwa (electric-bass)
1959年札幌生まれ。1970年代後半より山本俊二、川下直広、のなか悟空等と即興演奏の現場に出る。1986年フェダインを川下、大沼史朗と結成、2000年まで活動、6枚のアルバムを残す。1989年に渋さ知らズを結成、演奏活動以外に劇音楽の作曲や、CDの制作を手掛ける。2003年のフジロック、オレンジコートの3日目をプロデュース。
国内外の膨大なツアーや天幕渋さなど多種多様なプロジェクトを成功させ、国内だけにとどまらず、海外でも熱い評価を受ける。

Jimanica (drums, electric-pad)
15才よりドラムを始める。武蔵野美術大学映像学科卒業後、渡米。 NYでフリーランスドラマーとしてマンハッタンを中心に数々のジャムバンドやR&B・hiphopのセッションに参加。2000年の帰国後、自身のユニットを結成 し、東京を拠点に活動を開始。2005年ドラムソロ・アルバム“Entomophonic”(mao)をリリース。 以降ドラム + PCでのソロライヴの他、多数アーティストと共演。2006年にd.v.dを結成、日本のみならずヨーロッパ、韓国、オーストラリアなど各地で公演を重ね、活動の場を再び海外にも広げる。
2007年にAmetsub(PROGRESSIVE FOrM)とのデュオユニットJimanica : Ametsubを結成。ミニアルバム"Surge"をリリース。ダンスミュージックから即興、 エレクトロニカまでをドラムで横断。
オフィシャルサイト:http://www.jimanica.com/
EDGE、崖っぷちセッション

2007年初頭よりはじまった藤掛正隆dsと早川岳晴bassによるセッションシリーズ。ファンクパンクアヴァンギャルド版スライ&ロビーを狙う!といったキーワードも飛び出し、強力なパルスを発すべく意を決した2人を核に、毎回多彩で強者ぞろいの音楽表現者をゲストに迎え、まさに崖っ縁のフリーセッションを繰り広げる瀬戸際度満載のライブシリーズ。ライブレコーディングによる CDリリース計画も始まり、2008年には山本精一を迎えた回が第一弾としてリリースされた。また、このセッションから派生した藤掛&早川を核とするユニットはEDGEと名乗り、様々な編成/形態での活動と作品リリースを行っている。
・藤掛正隆+早川岳晴presents 崖っぷちセッション ゲストリスト
vol.1 坂本弘道cello 室舘彩vo,fl JAN 2007
vol.2 鬼怒無月g 太田惠資vln FEB
vol.3 JOJO広重g,vo APR
vol.4 齋藤“社長”良一g ケリー・チュルコg MAY
vol.5 巻上公一vo 室舘彩vo JUL
vol.6 山本精一g SEP
vol.7 加藤崇之g OCT
vol.8 齋藤良一g 宮下敬一g 室舘彩vo,fl 植村昌弘ds DEC
vol.9 デニス・ガンg 田畑満g 室舘彩vo,fl 辰巳光英tp
植村昌弘ds DEC
vol.10 藤乃家舞b 増田隆一g FEB2008
vol.11 ホッピー神山key MAY
vol.12 内橋和久g JUN
vol.13 辰巳光英tp 佐藤帆sax,org AUG
崖っぷちツアー2008 SEP
大阪、京都:山本精一+早川岳晴+藤掛正隆
名古屋:山本精一+早川岳晴+藤掛正隆+津山篤g,sax+
臼井康浩g
東京:山本精一+早川岳晴+藤掛正隆+勝井祐二vln+坪口昌恭key+
片山広明tsax+梅津和時asax
vol.14 石渡明廣g NOV
vol.15 小森慶子sax かわいしのぶb 田畑満g 室舘彩vo,fl DEC
崖っぷち番外編 DEC
京都:早川岳晴+藤掛正隆+(宮下敬一g, 田畑満g, HIDEvo)
vol.16 KK NULL electronics ケリー・チュルコg FEB2009
vol.17 加藤崇之g YOSHITAKE EXPE space guitar FEB
vol.18 牧野琢磨g 川口トヨキg APR
vol.19 吉兼聡g 向井秀徳vo key g MAY
vol.20 柳原陽一郎vo,pf 小森慶子sax,cl JUL
vol.21 村田学g 早川俊介per
vol.22 大島輝之g 横川理彦vln,electronics
vol.23 ヤマジカズヒデg 吉田肇g
崖っぷちセッション特別編 2010 MAR:早川岳晴+藤掛正隆+
(吉兼聡g 向井秀徳vo,g,key 辰巳光英tp 巻上公一vo,theremin,etc)
vol.24 LAPIZg 坂口光央key
vol.26 石渡明廣g 赤澤洋次g
vol.27 松本健一sax 一樂誉志幸ds 小島誠也g
vol.28 太田惠資violin,voice 吉兼聡g
vol.29 谷川賢作pf 片山広明ts
vol.30 ジム・オルークg
vol.31 辰巳光英el-tp 北陽一郎el-tp
vol.32 ジマニカds,electronics 高橋保行tb,electronics NOV 2011
vol.33 大熊ワタルcl 不破大輔b
vol.34 吉兼聡g
vol.35 加藤崇之g WHACHO per
vol.36 橋本じゅんg 高橋保行el-tb
vol.37 三田超人g 太田惠資vln
vol.38 竹久圏g 坂本弘道vc
vol.39 桑原延享tp,vo 赤澤洋次g
崖っぷちツアー2013 JUN
名古屋:吉兼聡+河端一+早川岳晴+藤掛正隆
神戸、四日市、甲府:吉兼聡+早川岳晴+藤掛正隆
大阪:山本精一+吉兼聡+早川岳晴+藤掛正隆
京都:山本精一+吉兼聡+西滝太+早川岳晴+藤掛正隆
vol.40 灰野敬二g,vo,etc

KILLER MANTIS
2005年にDJ高田宗紀(tt)と藤掛正隆(ds)で結成、毎回ゲスト(近藤等則、RECK、灰野敬二、ナスノミツル、早川岳晴、巻上公一、ホッピー神山、山本精一etc.)を迎え、ジャンルやスタイルにとらわれないビートを核にライブを重ねる。
【members】
高田宗紀(Turntable)
19歳で映画『WILD STYLE』に触発され、DJ活動を開始。DJ KRUSH、MC.ECDとのライブを初め、近田春生、朝本千可等のレコーディングやライブに参加し、89年からは近藤等則IMAの一員として活動を開始。97年にリードアルバム、『STEPPIN' STONE』でインターナショナルデビュー。イビザのチャートで堂々の首位を飾った。この中では映像、ビデオのコンセプト作りも行い、クリエーターとしての活動も広げている。3355、KILLER MANTISの他、近藤等則K.K.P.O、BILL LASWELLのPRAXISのメンバ-としてライブ、製作活動を中心にリミックス、アレンジ、作曲活動をワールドワイドに展開している。

藤掛正隆(Drums)
異分野コラボレーションFORMLESS MACHINEの主宰、セッション活動を経て、96年ZENI GEVAに加入、米国、欧州、豪州ツアーやフェスティバルへ出演。97年にBAKI、諸田コウ、コーサクと#9結成。98年Z.O.Aに参加。99年 フルデザインレコード設立。00年湊雅史らと13oz.を結成。 04年酒井泰三3355に参加。現在、DJ高田とのKILLER MANTISの他、恒松正敏(ex.FRICTION,EDPS)GROUP、灰野敬二duo、秋山勝彦(ex. P-MODEL)、坂本弘道、柳原陽一郎、森川誠一郎、古舘徹夫、SMF、TGBO、ASDP、渋さ知らズ等様々なセッションで活動中。また、2007年より早川岳晴bとの怒濤のセッションシリーズ 「崖っ縁セッション」を開始、毎回多彩なゲストを迎えライブパフォーマンスを繰り広げ中。

PIKAIA PANDEIRO SPECIAL

PIKAIA PANDEIRO SPECIAL
ホームページ

ブラジリアンパーカッションの可能性を追求すべく、'05.3月か ら活動開始。
ペルナンブーコやバイーアなど北東部の音楽を中心に、サンバ、ボサノヴァはもちろん、ジャズ、ファンク、ロックまで取り込み、しかもオリジナリティで勝負する骨太ユニット。
【members】
渡辺 隆雄 (trumpet)
自己のユニット<pikaia><missing link>の他、忌野清志郎 & The Nice Middle with New Blue Day Horns、林栄一(as)5、山田晃士(vo)<泥沼楽団>、藤井郷子(p)オーケストラ、アケタ(p)オーケストラ、清水くるみ(p)ZEKオーケストラ等、クセモノ揃いのユニットの中 で個性を光らせている。その他には<オリジナルラヴ>のツアーサポート('94~'97)や様々なレコーディングにも参加。
ジャズ~ロック~ワールドミュージックまでを股にかけて活躍する貴重 なトランペッター。

小澤 敏也 (percussion) 
ブラジル音楽を母体に、独自の音楽をアグレッシブに表現する造形派パーカッショニスト。パンデイロは、独自の奏法を編み出したマルコス・スザーノ氏に師事し、同氏より高い評価をうけている。さまざまなジャンルのアーティスト (増田恵子、露崎春女、オリジナルラヴ、高野寛、本 田竹広など)との ライブパフォーマンス、レコーディングを展開。現在、劇団四季のミュージカル<ライオンキング>にも出演中。

中西 文彦 (guitar)
ブラジリアンギター、特にバーデン・パウエルの奏法に精通する日本には数少ないギタリスト。'01年にはサンパウロにてソロコンサートを開催。また、ボサノヴァギターの元祖、パウリーニョ・ノゲイラ氏にも師事。現在は、ブラジル音楽始め、タンゴ、クラシック、ケルト、ロック等様々なバンドで活動中。また、ギター教室<ヴィオロン>を主催して、新しいギタースタイルの教育にも力を注いでいる。

宮川 剛 (drums/percussion)
九州芸術工科大学在学中より藤山英一郎氏に師事し、福岡を中心にジャズドラマーとして活動を開始。活動拠点を東京へ移した後、忌野清志郎のドラマーとしての活動を中心に様々なアーティストのレコーディング、ツアーに参加している。石井 竜也、忌野清志郎、及川光博、大澤誉志幸、小林建樹、Saigenji、シアターブルック、鈴木茂、CHAR、矢野顕子、山崎まさよし、leyona etc…
近年はパンデイロを始めとするブラジリアンパーカッションをも巧みに操り、表現の幅を拡大中。

Bon Temps Roule ボントンルレ

vo. harp. 松井 宏、vo. g. 横山一明、ba. vo. 倉本巳典で96年ころから活動。dr. vo. の湊雅史は98年ころから。 まわりにいるでしょ、あんな人、こんな人。私もあんなことしたいな、こんなことし たいな… 世間のせまさを感じさせるオリジナルが中心。ジャンルは無視のいいとこ 取り、それでいいのさGood Times Roll! 98年には“Have a party”(P-VINE)を発表。
【members】
vo. harp. 松井 宏
三重県生まれ。80年にBa.の倉本らとスリッカーズを結成。 93年に“磔々”(VIVID SOUND)を発表。 83年にはBreak Downにも参加。93年には有山じゅんじ“レアソングス”にも参加する など、活動は多岐にわたる。 96年に横山一明、倉本 巳典とBon Temps Rouleを結成。

vo. g. 横山一明
東京生まれ。10代より名古屋でG. & Vo.として様々なバンドやセッションに参加する 。78年に渡米、帰国後UP TIGHTに参加。82年“UP TIGHT”(VIVID SOUND)を発表。 84年バレーボールズをLive House得三(旧Open House)のオーナー森田 裕(Vo.)ら と結成。 85年からはスリッカーズにも参加。 ウルフルズのウルフルケースケ氏ほかファンは多い。

ba. vo. 倉本巳典
香川県生まれ。 80年に京都でスリッカーズに参加、Wilko Johnson、Neville Brothersなどと共演。86年からは名古屋のバレーボールズにも参加。 94年に上京後、近藤房之助Band、Kenwood Dennard(JB's、Jaco Pastorius Band、 BrandX、等)の日本ツアーに参加のほかスタジオワーク、セッションなど多数。

Ds 湊雅史
東京生まれ。幼少より、ピアノ、トランペット、フルートなどの楽器に親しみ、 14歳でドラムと出会う。 1987年「DEAD END」に加入しメジャーデビュー、 広く評価を得る。1990年にDEAD ENDを脱退した後は、スタジオ・ミュージシャンとして の活動もスタート。1991年からの下山淳らとの「60/40」、94年からのホッピー神山 らとの 「Optical 8」等のほか自らのバンド「A」を結成等々。 日本を代表するドラマー。

#9 ナンバーナイン
1997年 BAKI(vo,g),藤掛正隆(d),諸田コウ(b),コーサク(g)の4人で結成。新宿ロフトなどでライブ、バウハウストリビュート盤(クラウンCRCP-20199)に参加
1998年 1stアルバム「#9」(CLPN-001)発表(2001年バップより再発,vpcc-84040)。大阪、京都、名古屋ツアー
1999年 本田雄一郎(b)加入。
2000年 フラワートラベリンバンドトリビュート盤(RFCA-0002)に参加
2001年 2ndアルバム「・/#9」(vpcc-81369)発表、全国ツアー
2002年 ラモーンズトリビュート盤(DLCK-2003)に参加。札幌他でライブ
2003年
初頭
3rdアルバム(FDR-1003)発表。
2004年 BAKI(vo,g,b),藤掛正隆(d),コーサク(g)のトリオ編成となり、精力的にライブ
2005年 2月、4thアルバム発表!
13oz. 13オンス
2000年 屋宜昌登(g),海老澤英一(b),湊雅史(d),藤掛正隆(d),BAKI(vo)の5人で結成
2001年 吉祥寺、新宿、高円寺にてライブ
2002年 ファーストアルバム「13oz.」(FDR-1002)発表、関西、名古屋方面ツアー
2003年 セカンドアルバム(FDR-1005)発表、関西、名古屋方面ツアー
2005年 5月、ライブアルバム発表!
FORMLESS MACHINE

【members】
M.FUJIKAKE DISCOGRAPHY
BAKI BAKIMANIA.COM

Copyright (C) fulldesign records 2002-2006fulldesign records. All Rights Reserved.